結婚式のプロフィールビデオ作成はお任せ

結婚式の招待状を安く作成する方法

多くの招待客を招いて結婚式を行う場合には、招待客に対して招待状を送る必要があります。結婚式の招待状は、専門の印刷会社に作成を依頼するのが一般的ですが、作成費用は決して安いものではありません。作成費用の相場は、案内状一通あたり500円程度となっており、案内状に特別な加工を施したりする場合には更に料金が高くなります。仮に一通あたり500円だとすると100名のゲストを招待する場合には50000円、200名のゲストを招待する場合には100000円ものコストがかかる事になります。

結婚式の招待状の作成費用を少しでも抑えたいのであれば、まずカードのデザイン選択において標準的なデザインを選択する事です。印刷業者は数多くのデザインテンプレートを用意していますが、料金は選択するデザインの種類によって異なります。特殊な加工が必要となるようなデザインを選ぶと料金が高くなる傾向があるので、料金を抑えたいのであればそういった特殊なデザインは選択せず、標準的なデザインを選択すると良いでしょう。また、印刷業者は宛て名書きを代行して行ってくれる所が多いですが、宛て名書きの代行を依頼する場合には追加料金がかかります。コストを少しでも安くしたいのであれば、宛て名書きの代行サービスをカットするというのも一案でしょう。結婚式の招待状の出し方は地域によって異なります。地域によって異なる風習やマナーが存在するため、案内状を作成および送付する前には、挙式を行う地域の風習やマナーを把握しておく必要があるでしょう。

例えば違いが生じる点としては、結婚式の案内状の差出人名義をどうするかについてです。現在主流となっているのは、結婚する新郎及び新婦が共同名義で出状する方法ですが、地域によっては新郎及び新婦の両親名義で出状するのが一般的だという所もあります。また、招待状に返信葉書を同封するか否かについても地域によって差があります。多くの地域では、招待客の出欠確認をするために返信葉書を同封して案内状を送付するのが一般的ですが、地域によっては返信の仕方は招待客側に任せ、案内状には返信葉書は同封しないのが一般的だという地域もあります。また、返信葉書を同封するにしても、切手を同封するか否かについても地域によって差があります。招待客側に返信用切手を準備させるのは失礼にあたるので、返信用切手を招待状に同封して送付するという地域が多いですが、中には披露宴への招待は名誉な事なので、お祝いの意をこめて招待客側が用意するのが一般的という地域もあるのです。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *

*