結婚式のプロフィールビデオ作成はお任せ

結婚式の招待状は手作り派か既成を使用するのか

身内で結婚式があり、それに呼ばれると挙式の3か月ほど前に招待状が送られてきます。これは式場が手配する場合と自分たちで手作りする場合に分かれてきます。なるべく安く押さえたい人にとっては手作りを選ぶことになります。雑貨屋さんにいくと台紙が10枚セットになって売られているので必要分買ってインターネットでテンプレートをひろい、そこに必要事項を記入して印刷をします。すでに招待しようと思っている人をピックアップしてあるので枚数はわかるのですが、インクが途中で切れたり、印刷が失敗することを予想して、少し多めに購入して印刷する必要があります。

招待状を印刷したらあとは表に住所を手書きで書いて切手を貼って大安の日に投函をします。切手は慶事用のものを郵便局で購入して使用するのがよいでしょう。また封筒の裏面には新郎新婦の住所を印刷します。このときに父親の名前を載せるのか本人の名前を載せるのかわかれてくるので事前に結婚式場の人と相談して決めるのがよいでしょう。司会や余興など特別にお願いする人には小さな紙に予定の何分前にきてもらいたいのか記載したものをいれます。招待状を出すといよいよ結婚式を挙げるんだな、という気分になってきます。結婚式の準備で素敵なブーケやウエディングドレスを選び、ゲストに失礼のないように料理や引き出物をランクアップさせ、気付くと目の飛び出るような見積もりが出されることがあります。そのような場合、招待状の手作りに挑戦してみてはどうでしょうか。

招待状を出す数が多ければ多い程、結婚式場に手配してもらう場合と手作りする場合の費用の差を実感できます。手作りと聞くとなんだかものすごく大変そうなイメージがありますが、今は手作りするためのキットが販売されており、種類も豊富なので気に入ったものが見つかると思います。そして、キットを購入すればテンプレートも無料で使用できますので、あとは家に文書作成ソフトの入ったパソコンとプリンターさえあれば誰でも簡単に作成できてしまうのです。また、実際に結婚式を挙げる立場になって初めて知るのが、筆耕料と言って宛名を書いてもらうにもお金がかかるということです。料金は式場によって違いますが1通200円から300円でそんなに高いとは感じないかもしれませんが、何十通も出すとだいぶ費用がかかります。でも、宛名も自分で書いてしまえば無料です。多少字が下手でも構いません。丁寧に一通一通書かれた宛名はかえって温かみのある招待状に見えてきます。節約のために始めたことも、作業を進めるうちに楽しみながら作っている自分に気付くはずです。ぜひ挑戦してみてください。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *

*